ホーリーバジルの栽培

ホーリーバジルはシソ科のハーブで、アジアやオーストラリアなどの熱帯地域が原産です。

英語では「ホーリーバジル」と呼びますが、日本語では「カミメボウキ」、ヒンディー語では「トゥルシー」の名で親しまれています。

ホーリーバジルはタイ料理に多く利用されていて、日本でもよく聞く「ガパオライス」に入っていたり、ハーブティーとしてはもちろんですが、料理にも使用されることが多いホーリーバジルです。

ホーリーバジル収穫の様子

ホーリーバジルティーの効果効能

スパイシーなバジルの味わいや香りが特徴的なホーリーバジルは、インド伝統医学のアーユルベーダでも「不老不死の薬」として重宝されています。

古くから「万能のハーブ」と呼ばれるだけあって、ホーリーバジルには数えきれないほどの薬効があります。

その効果を手軽に得たいなら、トゥルシー茶がおすすめですよ。ハーブティーが苦手という方でも、クセがなくて飲みやすいと評判です。

ホーリーバジルで、日常のストレスや不安が少しでも解消できたらいいなと思って、無農薬、無化学肥料での栽培を始めました。

ホーリーバジルは、「アダプトゲン」の1つです。

アダプトゲンとは、「副作用がない(無害)、様々なストレスに対しての抵抗力を高める、体調(生理機能)を整える」という3つの条件をもったハーブのことを指します。

1940年に頃から研究が進められ、1947年にニコライ・ラザレフ博士によって「体に悪影響を与える物理的、化学的、または生物学的なストレッサーを、非特異性の抵抗力を高めることによって撃退するもの」と定義されました。

インド発祥のアーユルヴェーダでは、ストレスの緩和や、体の生理機能を高めるために、古くからホーリーバジルが利用されてきました。

また、近年の研究によって、その効果が実証されつつあります。このことから、薬の副作用が心配な方や、自然に体質改善をしたい方が漢方薬のような扱いで使っていますよ。

美容、アンチエイジング効果

近年注目されているのは、ホーリーバジルの美容や身体的な老化の防止(アンチエイジング)への効果・効能です。

主成分のオイゲノールやカリオフィレン、ウルソール酸といった抗酸化成分が、ストレスホルモンのコレチゾールを抑制し、若返りのホルモン「DHEA」を活性化させるといわれています。

抗菌作用

葉っぱに含まれるエーテル(ジエチルエーテル)には、強力な抗菌効果があり、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの繁殖を防ぎます。

ホーリーバジルのこれらの有効成分が、免疫機能と新陳代謝を高め、生活習慣病やインフルエンザ、風邪の予防のほか、頭痛、呼吸器の疾患、肝機能の低下、胃炎、むくみ、冷え性など体の不調を和らげ、根本的な体質の改善へと導いてくれます。

免疫力アップ

ホーリーバジルティー効果として特筆しておきたいのは、なんといっても「免疫力アップ効果」です。

アーユルベーダでも「不老不死の薬」として用いられているだけあり、ホーリーバジルティーにはさまざまな臓器機関や神経機能を向上させる効果が期待でき、強い体へと導きます。

免疫力が高まることで自然治癒力もアップしますが、先ほどご紹介した「抗酸化作用」によって体の錆つきが緩和されると生活習慣病の予防にもつながり、体の内側から健康をサポート!

葉に含まれる「エーテル」という成分には非常に高い抗菌作用があるため、インフルエンザや感染症が流行りだす時期にも重宝してくれるでしょう。

ストレス緩和

ホーリーバジルには、ストレスを軽減させる働きのある「ウルソール酸」「ロズマリン酸」「オイゲノール」などの成分が豊富で、疲労を改善したりストレスを緩和させてくれたりする効果が期待できます。

バジルの爽やかな香りには優れたリラックス効果があることも知られているため、気分転換やリフレッシュしたいときにも最適です。

また、ホーリーバジルは「アダプトゲン」というハーブに分類されていることをご存じでしょうか?

アダプトゲンとは、「副作用がない」「ストレスに対する抵抗力を高める」「体調を整える働きがある」という3つの条件を満たすハーブにのみ用いられる言葉。

ホーリーバジルは数あるアダプトゲンハーブの中でもトップレベルの作用を持ち、ストレスが原因で生じるさまざまな症状の緩和に役立ちます。

冷え性改善

ホーリーバジルには新陳代謝を活発にしてくれる働きがあり、肝機能の向上効果も期待できます。

肝機能が整うことで「むくみの改善」「デトックス効果」なども高まり、全身の血液循環がよくなることで冷え性改善にも役立つでしょう。

ホーリーバジルの効果は多種多様でさまざまな臓器機関や神経に働きかけてくれるため、体の不調を根本的に改善したいという人におすすめです。

ホーリーバジルの栽培

ホーリーバジルはシソ科のハーブで、アジアやオーストラリアなどの熱帯地域が原産です。

英語では「ホーリーバジル」と呼びますが、日本語では「カミメボウキ」、ヒンディー語では「トゥルシー」の名で親しまれています。

ホーリーバジルはタイ料理に多く利用されていて、日本でもよく聞く「ガパオライス」に入っていたり、ハーブティーとしてはもちろんですが、料理にも使用されることが多いホーリーバジルです。

ひとつひとつ手作業で収穫をします。
ホーリーバジルブーケ。とってもいい香り。

ホーリーバジルティーの効果効能

スパイシーなバジルの味わいや香りが特徴的なホーリーバジルは、インド伝統医学のアーユルベーダでも「不老不死の薬」として重宝されています。

古くから「万能のハーブ」と呼ばれるだけあって、ホーリーバジルには数えきれないほどの薬効があります。

その効果を手軽に得たいなら、トゥルシー茶がおすすめですよ。ハーブティーが苦手という方でも、クセがなくて飲みやすいと評判です。

ホーリーバジルで、日常のストレスや不安が少しでも解消できたらいいなと思って、無農薬、無化学肥料での栽培を始めました。

ホーリーバジルは、「アダプトゲン」の1つです。

アダプトゲンとは、「副作用がない(無害)、様々なストレスに対しての抵抗力を高める、体調(生理機能)を整える」という3つの条件をもったハーブのことを指します。

1940年に頃から研究が進められ、1947年にニコライ・ラザレフ博士によって「体に悪影響を与える物理的、化学的、または生物学的なストレッサーを、非特異性の抵抗力を高めることによって撃退するもの」と定義されました。

インド発祥のアーユルヴェーダでは、ストレスの緩和や、体の生理機能を高めるために、古くからホーリーバジルが利用されてきました。

また、近年の研究によって、その効果が実証されつつあります。このことから、薬の副作用が心配な方や、自然に体質改善をしたい方が漢方薬のような扱いで使っていますよ。

美容、アンチエイジング効果

近年注目されているのは、ホーリーバジルの美容や身体的な老化の防止(アンチエイジング)への効果・効能です。

主成分のオイゲノールやカリオフィレン、ウルソール酸といった抗酸化成分が、ストレスホルモンのコレチゾールを抑制し、若返りのホルモン「DHEA」を活性化させるといわれています。

抗菌作用

葉っぱに含まれるエーテル(ジエチルエーテル)には、強力な抗菌効果があり、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの繁殖を防ぎます。

ホーリーバジルのこれらの有効成分が、免疫機能と新陳代謝を高め、生活習慣病やインフルエンザ、風邪の予防のほか、頭痛、呼吸器の疾患、肝機能の低下、胃炎、むくみ、冷え性など体の不調を和らげ、根本的な体質の改善へと導いてくれます。

免疫力アップ

ホーリーバジルティー効果として特筆しておきたいのは、なんといっても「免疫力アップ効果」です。

アーユルベーダでも「不老不死の薬」として用いられているだけあり、ホーリーバジルティーにはさまざまな臓器機関や神経機能を向上させる効果が期待でき、強い体へと導きます。

免疫力が高まることで自然治癒力もアップしますが、先ほどご紹介した「抗酸化作用」によって体の錆つきが緩和されると生活習慣病の予防にもつながり、体の内側から健康をサポート!

葉に含まれる「エーテル」という成分には非常に高い抗菌作用があるため、インフルエンザや感染症が流行りだす時期にも重宝してくれるでしょう。

ストレス緩和

ホーリーバジルには、ストレスを軽減させる働きのある「ウルソール酸」「ロズマリン酸」「オイゲノール」などの成分が豊富で、疲労を改善したりストレスを緩和させてくれたりする効果が期待できます。

バジルの爽やかな香りには優れたリラックス効果があることも知られているため、気分転換やリフレッシュしたいときにも最適です。

また、ホーリーバジルは「アダプトゲン」というハーブに分類されていることをご存じでしょうか?

アダプトゲンとは、「副作用がない」「ストレスに対する抵抗力を高める」「体調を整える働きがある」という3つの条件を満たすハーブにのみ用いられる言葉。

ホーリーバジルは数あるアダプトゲンハーブの中でもトップレベルの作用を持ち、ストレスが原因で生じるさまざまな症状の緩和に役立ちます。

冷え性改善

ホーリーバジルには新陳代謝を活発にしてくれる働きがあり、肝機能の向上効果も期待できます。

肝機能が整うことで「むくみの改善」「デトックス効果」なども高まり、全身の血液循環がよくなることで冷え性改善にも役立つでしょう。

ホーリーバジルの効果は多種多様でさまざまな臓器機関や神経に働きかけてくれるため、体の不調を根本的に改善したいという人におすすめです。

ホーリーバジルの栽培

ホーリーバジルはシソ科のハーブで、アジアやオーストラリアなどの熱帯地域が原産です。

英語では「ホーリーバジル」と呼びますが、日本語では「カミメボウキ」、ヒンディー語では「トゥルシー」の名で親しまれています。

ホーリーバジルはタイ料理に多く利用されていて、日本でもよく聞く「ガパオライス」に入っていたり、ハーブティーとしてはもちろんですが、料理にも使用されることが多いホーリーバジルです。

ホーリーバジルティーの効果効能

スパイシーなバジルの味わいや香りが特徴的なホーリーバジルは、インド伝統医学のアーユルベーダでも「不老不死の薬」として重宝されています。

古くから「万能のハーブ」と呼ばれ、ホーリーバジルには数えきれないほどの薬効があります。

ハーブティーが苦手という方でも、クセがなくて飲みやすいと評判で、私もその香りと味が大好きで、ホーリーバジルで「日常のストレスや不安が少しでも解消できたらいいな」と思って、無農薬、無化学肥料での栽培を始めました。

ホーリーバジルは、「アダプトゲン」の1つです。

アダプトゲンとは、「副作用がない(無害)、様々なストレスに対しての抵抗力を高める、体調(生理機能)を整える」という3つの条件をもったハーブのことを指します。

インド発祥のアーユルヴェーダでは、ストレスの緩和や、体の生理機能を高めるために、古くからホーリーバジルが利用されてきました。

また、近年の研究によって、その効果が実証されつつあります。このことから、薬の副作用が心配な方や、自然に体質改善をしたい方が漢方薬のような扱いで使われています。

美容、アンチエイジング効果

近年注目されているのは、ホーリーバジルの美容や身体的な老化の防止(アンチエイジング)への効果・効能です。

主成分のオイゲノールやカリオフィレン、ウルソール酸といった抗酸化成分が、ストレスホルモンのコレチゾールを抑制し、若返りのホルモン「DHEA」を活性化させるといわれています。

抗菌作用

葉っぱに含まれるエーテル(ジエチルエーテル)には、強力な抗菌効果があり、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの繁殖を防ぎます。

ホーリーバジルのこれらの有効成分が、免疫機能と新陳代謝を高め、生活習慣病やインフルエンザ、風邪の予防のほか、頭痛、呼吸器の疾患、肝機能の低下、胃炎、むくみ、冷え性など体の不調を和らげ、根本的な体質の改善へと導いてくれます。

免疫力アップ

ホーリーバジルティー効果として特筆しておきたいのは、なんといっても「免疫力アップ効果」です。

アーユルベーダでも「不老不死の薬」として用いられているだけあり、ホーリーバジルティーにはさまざまな臓器機関や神経機能を向上させる効果が期待でき、強い体へと導きます。

免疫力が高まることで自然治癒力もアップしますが、先ほどご紹介した「抗酸化作用」によって体の錆つきが緩和されると生活習慣病の予防にもつながり、体の内側から健康をサポート!

葉に含まれる「エーテル」という成分には非常に高い抗菌作用があるため、インフルエンザや感染症が流行りだす時期にも重宝してくれるでしょう。

ストレス緩和

ホーリーバジルには、ストレスを軽減させる働きのある「ウルソール酸」「ロズマリン酸」「オイゲノール」などの成分が豊富で、疲労を改善したりストレスを緩和させてくれたりする効果が期待できます。

バジルの爽やかな香りには優れたリラックス効果があることも知られているため、気分転換やリフレッシュしたいときにも最適です。

また、ホーリーバジルは「アダプトゲン」というハーブに分類されていることをご存じでしょうか?

アダプトゲンとは、「副作用がない」「ストレスに対する抵抗力を高める」「体調を整える働きがある」という3つの条件を満たすハーブにのみ用いられる言葉。

ホーリーバジルは数あるアダプトゲンハーブの中でもトップレベルの作用を持ち、ストレスが原因で生じるさまざまな症状の緩和に役立ちます。

冷え性改善

ホーリーバジルには新陳代謝を活発にしてくれる働きがあり、肝機能の向上効果も期待できます。

肝機能が整うことで「むくみの改善」「デトックス効果」なども高まり、全身の血液循環がよくなることで冷え性改善にも役立つでしょう。

ホーリーバジルの効果は多種多様でさまざまな臓器機関や神経に働きかけてくれるため、体の不調を根本的に改善したいという人におすすめです。

ホーリーバジルの品種

2022年から栽培し、ハーブティーとして提供させていただいている品種が「OYA TULSI(オオヤトゥルシー)」という品種です。

この品種は、福島県のアーユルヴェーダ薬草園前園長であり、日本ホーリーバジル協会の前理事長であった、故・大矢泰司さんの名前が付いたホーリーバジルです。

大矢さんは1994年にダライラマ14世との面会をきっかけに、インドの薬草園で長年に渡り共同研究をされる中で、新種のホーリーバジルが見つかったそうです。ちょうどこの薬草園がインドの最北に位置していたことから、緯度的に日本でも栽培可能となった品種で、香り、味、成分等が日本人に向いているということで、新品種の「OCIMUM SANCTUM = HOLYBASIL = OYA TULSI」としてインド政府で正式に命名・登録されました。

そして、地元のラジオ番組を通じて鳥取県在住の山本賀寿恵さんとご縁を持ち、このオオヤトゥルシーの種をわけて頂いたのがきっかけで、2022年から栽培を開始しました。

山本さんは、日本全国にホーリーバジルを広めたいと大変精力的に活動されている方です。⇒ 山本さんのホームページ トゥルシーの風

このようなご縁に導かれ、2022年からオオヤトゥルシーの栽培を始めました。

風にそよぐホーリーバジル。毎日ミツバチが飛んできています。
収穫後は、地下水で丁寧に水洗い。
日陰で干して、数日後に機械乾燥しています。